北欧テキスタイルの代表格マリメッコ

20141201

大胆な柄使いと配色が印象的なマリメッコは、1951年に設立されたフィンランドのアパレル企業です。

もともとは、デザインされた布を製造するテキスタイルメーカーでしたが、現在はテキスタイルのほかに、ファッション、生活雑貨なども手掛けており、独特のスタイルが世界中から人気を集めています。

北欧インテリアが好きな人なら、マリメッコと聞いてまず思い浮かべるのは、ウニッコと呼ばれる花柄のモチーフでしょう。

大胆に開いた大きなケシの花は鮮やかな色調で彩られ、クッションやファブリックボードといったインテリアのほか、マグカップやリュック、エプロンなどにもシリーズ展開されています。

期間限定の色使いなども登場し、1964年の誕生から時を経てなお指示される、マリメッコの代表格です。

こうした北欧ならではの柄と色使いは、大きなスペースを取る箇所に使用すると、部屋の雰囲気をがらりと変えてくれます。

マリメッコのウニッコやコンポッティと呼ばれるフルーツ柄などは、ベッドリネンとしても重宝します。

単調になりがちな部屋にひとつプラスするだけで、手軽にイメージチェンジが図れる優れものです。

また、マリメッコのアイテムは、大胆ながらも統一感があるため、柄と柄を合わせてもうるさくならないのも特徴のひとつです。

おしゃれの上級者は、ベッドリネンとクッションやファブリックボードなどのそれぞれのアイテムに違う柄を合わせ、落ち着いた華やかさを出すのもおすすめです。


 
★★★★★★★
[北欧インテリア] ブログ村キーワード
★★★★★★★

励みになりますのでぽちっと押していただければ幸いです(^_^)/

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)