なぜか懐かしい北欧テイスト

20150209

北欧風のインテリアは、なぜかしら心を癒してくれる気がします。

それは、北欧のナチュラルなライフスタイルやスタイリッシュなデザイン家具などが、日本人の気質に合っているからなのかもしれません。

2015年春にはムーミンの映画が公開されますが、女性誌などにも特集記事が掲載されています。

ムーミンはアニメでも長く愛されてきましたし、名言集なども出版されています。

ムーミンキャラクターグッズは、マグカップなども雑貨店などでたくさん見かけますね。

世界的にも愛されているムーミンの作者、トーベ・ヤンソン生誕100周年を記念して、2014年~2015年にはムーミン展などが全国で開催されています。

また、有名なリサ・ラーソンのハリネズミのファブリック、これも絶妙なキュートさですね。

同じくリサのライオンや猫などのフィギュアは、並べて飾っておくだけで部屋の雰囲気が変わります。

ちょっと立ち寄ったカフェにリサ・ラーソンのライオンが置いてあると、ここのオーナーも北欧好きなのかなと親近感を覚えたりします。

また、北欧についての調査で興味深いのが本田直之さんの「北欧現地インタビュー:ライフスタイル編」という記事です。

この記事によると、”北欧の人々は大変幸福度が高く(日本は81位だそうです)彼らが大切にしているのは住空間である”ということでした。

だから、北欧ではナチュラルで長く愛される家具やオブジェなどが生まれてくるのでしょうね。

住む場所を大切にして愛するということは、人生そのものを大切にすることにつながるのかもしれません。

私たち日本人にも、かつてはそのような感覚があったのではないでしょうか。

だからこそ、北欧テイストの根底にある「ライフスタイルへの愛」を察知して懐かしく感じるのかもしれませんね。


 
★★★★★★★
[北欧インテリア] ブログ村キーワード
★★★★★★★

励みになりますのでぽちっと押していただければ幸いです(^_^)/

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)